アフィリエイトノウハウの館/一覧

アフィリエイトのノウハウを無料公開するブログ、著作権フリー!




[PR]



2009年07月25日(Sat)▲ページの先頭へ
アフィリエイトサイトは数で勝負
アフィリエイト初心者のよくやる(やりそう)なミスに「サイトを一つしか作らない」というものがある。

はっきり言って甘い。

厳しいようだが、作ったサイトがいきなり成功することなど、極めて稀である。

たいていの場合、5個も10個もサイトを作って、ようやくそのうちの1つが「当たる」

と言っても、最初のうちは「当たり」のサイトでせいぜい月1万円程度が関の山だろう。


あなたがアフィリエイト初心者なら、上のような話を聞くと「大変そう・・・」と思うかもしれない。

だが考えてみて欲しい。

世の中の人は一日中朝から晩まで働いてお金を稼いでいる。

ストレスで体調を崩す人も多い。人生苦なりである。


しかしアフィリエイトで稼げるサイトを一度作ってしまえば
あとはほんの少しの手間(更新)だけで長期にわたってお金を稼いでくれる。
「ほったらかし」である。

そのほったらかしの収入を得るためなのだ。多少の苦労は当然である。
いや、一般の仕事に比べたら、はるかに軽作業だと言えよう。

それが苦痛で苦痛でしょうがない、と言うのならば、
おそらくアフィリエイトには向いていない。
普通の仕事をした方が、少しは幸せに生きられるだろう。


厳しいことを書いたようだが
実際には多くのサイトを作るにつれて「慣れ」てくるから
サイトが「当たる」ことも多くなってくる。

今の私であれば、2サイトに1サイトは「当たる」サイトだ。
と言っても月1万円のサイトがほとんどだが。


もちろん世の中には1サイトで何十万、何百万と稼ぐ凄腕アフィリエイターがあることも事実であろう。

しかし私のような凡人は、今日もチマチマとサイトを作成するのだ。








2007年01月12日(Fri)▲ページの先頭へ
モラルの無さが市場をダメにする
アフィリエイトツールは数多く出回っています。

それらはうまく使えば、非常に有効なものとなるのですが、
同時に悪質な使い方をすればスパムツールにもなる諸刃の剣です。

そして、悪質な使い方をされたツールは必ず対策をとられますから
そのツールは以後二度と使えなくなってしまいます。

まさにモラルの無さがそのツールの市場を破壊してしまったわけです。

「正しい使い方」をしていた人にとっては迷惑千万な話です。


もちろん人間のやることですから「なにが正しくて、なにが間違いか」というのは、必ずついてまわる問いでもあります。


倫理や道徳は結局のところ、その人の考え方に左右されてしまうもので、
「儲けられれば他人からどう思われてもいい」
「自分さえ良ければ、他人はどうなってもいい」
という人が出てくるのも仕方ないことなのでしょう。


仏教の「善因善果・悪因悪果・自因自果」のようなもっと根本的なしばりが必要なのかもしれません。


2006年12月20日(Wed)▲ページの先頭へ
自分を売るのか、商品を売るのか
何を売るのかによって
「自分」を売るのか、「商品」を売るのか
が決まってきます。


たとえば情報商材を販売したり、アフィリエイトしたりするのであれば、売り込むのは商品ではなく「自分」です。

つまり「この人から買いたい」「この人の商材なら信頼できる」と思わせるわけですね。

情報商材というのは買うまで中身が見えない分、「信頼」が大きな要素となります。


またネットショップを運営する際も「自分(ショップ)」の売り込みは大切です。

ネット通販が盛んになってきたとは言いながら、信頼のおけないショップではなかなか購入してくれないものです(リアルでもそうですよね?)


対して、通常のアフィリエイトであれば売り込むのはもちろん「商品」でよいわけです。

「この商品はここがよい」「こんな時に便利」という新たな使い道を教えてあげたり、似たような商品の比較サイトを作ったりして、ユーザーにとって便利なサイトを作るわけです。

実際の商品を購入はショップですから、ショップの信頼度ももちろん重要ですけどね。


「情報起業で月○百万円」というのも「自分」のブランド化に成功した人だけがうまくいっているのです。


「何を売るのか」を明確にして、お客様を逃さないようにしていきましょう。


【携帯SEO(モバイルSEO)】1:被リンク
携帯SEOは現状ではほとんど打つ手がハッキリしていません。

しかし携帯サイトの99%を占める「勝手サイト(公式サイトでは無いサイトのこと)」では「SEOって何?」というレベルがほとんどでしょうから、
携帯SEOを少しでもとっていけば、簡単に上位表示することができます。


※ちなみに携帯の検索エンジンはかなりよく使われているようです。
自分のある携帯サイトはYahooモバイルから毎日100件近くのアクセスがあります。


さて、携帯SEOの一つの手として
「被リンク」
というのが多少は有効なようです。

携帯HPであっても「よいHPはリンクされる」という鉄則は曲がりませんから、被リンクの効果も多少はあるようです。

ランキングサイトへの登録の効果は分かりませんが、相互リンクなどを積極的に行っていくことが、携帯SEOの一つの手法となりそうです。


2006年12月12日(Tue)▲ページの先頭へ
稼ぐメルマガは煽らずに信頼で売る
メルマガアフィリエイトでは多くの人が「煽り(あおり)」をしています。

「今すぐ買わないと損です」
「あと○時間」

しかし、ちょっと考えてみてください。本当に稼いでいる(ように思える)人は決して煽らないですよね。

たとえ煽っていても、煽っているような、いないような、そんな印象を受けます。


稼いでいる人は、稼げないことはやりません。

つまり、煽りは稼げません


じゃあ、稼いでいる人はどうやっているか。

もちろん、多少の煽りはかけます。売ろうとしないことには売れないですから。


しかし、それでも「煽られている」という感じを受けないのは、おそらくはメルマガ発行者への信頼感があるからではないでしょうか。


普段は有益な情報を流しておいて信頼感を集めて
「ここぞ」というところで売りに出る


これが稼いでいる人のメルマガです。


普段は有益な情報ばかりを出しているので、時々「煽り」や「宣伝」があっても、それも「有益な情報」として受け取ってもらえます。

さらに煽りの中にも有益な情報を含ませることで、宣伝を宣伝と思わせないようになってます。

「いいですよ、いいですよ」と薦めるばかりでは、ただの押し売りです。

あくまで「相手のため」を前面に出していかねばなりません。


2006年12月04日(Mon)▲ページの先頭へ
携帯最強の武器はメルマガ
携帯アフィリエイトと言えば思いつくのは何でしょう?

ランキング攻略?

モバイルSEO?


いいえ、携帯アフィリエイトで最も強い武器、それは

「メルマガ」

です。


PCのメルマガって、読まれるかどうかはメルマガの質によったり、読者の都合によったりしますよね?

しかし、携帯のメルマガは、文字通り読者のふところに飛び込んでいけます。

それゆえ開封率はほぼ100%。出せば必ず読まれる状況なのです。これほど強力なマーケティング手法があるでしょうか。


なので、携帯アフィリエイトと言えばメルマガ。

今はそれほど注目されてはいないかもしれませんが、今後確実に伸びていくことでしょう。



稼ぎたいなら働くな お金を追わず時間を追え
稼ぎたいなら働くな


この言葉を見てどう感じるでしょう?

「何を狂ったことを」
と思う人もいれば
「逆説的だが、深い意味を感じる」
という人もいるでしょう。


ヒントは、この記事のサブタイトルの「お金を追わず時間を追え」です。

もうお分かりですね。


お金を追えば、時間を犠牲にしなければなりません。

でも1日18時間働いて、それで月収500万円でも、それはとてもゆとりある生活とは言えませんよね。

アフィリエイトを始めたのは、そんなネズミのように働く生活を目指してではないはずです。


大事なのはお金を追うのではなく、時間を追うこと。

別の言葉で言うなら「ほったらかし」を目指す、ということですね。

いくら働いても、1日が24時間であることは変わりません。

それならば初めから「時間」を追っていきたいですね。



未来を知らせ、負担を減らす
モノを売る際によく必要とされるのが

「購入後の姿を想像させること」

だと言われます。


たとえば
・これを買うと、こんな風に便利になりますよ
・これを使えば、今までできなかったこんなことができるようになりますよ

と言ったことです。


人は理性ではモノを買わない。欲望でモノを買う。

と言う言葉の具体化かもしれません。


また、逆に
・買ってくれた人にはこんなサポートがついているので安心ですよ

と、購入「後」の安心感を売りに出す、という方法もありますね。

実際に購入するまでは何が起こるかわかりません。
そこを安心に変えてやるわけですね。


2006年12月02日(Sat)▲ページの先頭へ
答えを自分で探してみる
当サイトも含め、アフィリエイトのノウハウは有料・無料問わず数多く出ています。

しかし、それらのノウハウもしょせんは表面上のものであって、書いている人が持っている全てを出し切っているわけではありません。


このブログは一応、「出せるものはなるべく出す」精神でやっていますが、

それでも「身体知」というか、そうした無意識のレベルのものは、出そうと思っても出せるものではありません。


なので「自分で考えて、答えを探してみる」というのも大切なのではないかと思います。


「この人は何でこうやっているんだろう」
「この部分にはどんな意味があるんだろう」

こうやって考えることで、自分で考える力がつき、独自性へとつながっていくのだと思います。


「感想」はいつでも効果的
特に情報商材のセールスページで必ずと言っていいほどあるのが

「商品(商材)の感想」

です。


「商材が販売開始される前から感想があるのは何でじゃ!」
「この人、色んな商材に感想書いているけど、本当に中身読んで書いてるんかいな」

とか思いながらも、ついつい感想を参考にしてしまうのではないでしょうか。


実は「感想」は、情報商材のアフィリエイトだけでなく、他の一般の商品をアフィリエイトするときにも効果的です。


なので、何かをアフィリエイトするときには、まず「自分で試してみる」こと。

これだけで他のアフィリエイトサイトとは、一味も二味も違ったものになるのです。


買った人が欲しいと思う特典をつける
情報商材アフィリエイトで特典をつけている人は多いはず。

しかし、その特典。「欲しい」と思うような特典でしょうか?


たとえばメルマガマーケティングについての情報商材をアフィリエイトするのに、SEO商材を特典につけても意味が無いですよね。

購入者にとってメリットのある特典をつけることで、購入者に「2倍お得」な感じを与えることができます。


また、毎回毎回、別の特典を用意しなくても、20個くらいの特典を用意しておいて、それらの特典の中からいくつか選んでもらう、という方法もありますね。


「どうせ買うならあの人から」と思わせる
「どうせ買うならあの人から」

こうやって相手に思わせることができれば、こちらから仕掛けなくても売れていきます。

では、どうすれば「どうせ買うなら・・・」と思わせることができるのか。

一番よくあるのは「特典」でしょう。

つまり「私から買ってくれたらこんな特典をつけますよ・・・」という奴です。


しかし、もう一つの方法として

・普段から読み手が「こんなに教えてもらって申し訳ないな」と思うくらいの情報を提供する

という方法があります。

前者がいわば「欲」に訴える方法であるのに対して、後者はいわば「恩」に訴える方法です。


hideichiさんなんかは後者のような感じですね。

あれで特典もつけるんですから、売れないわけがありません。


売るときだけでなく、普段からの行いが重要なんですね。

まかぬタネは生えませんが、まいたタネは必ず生えるのです。


SEOがそのままグーグルアドセンスで稼ぐ方法になる
グーグルアドセンスで稼ぐのに必要なこと、それは「SEO」です。


「なるほど!上位表示されてアクセスを集めないとグーグルアドセンスでは稼げないってことだな!」

と思われた方は残念ながら違います。


グーグルアドセンスで稼ぐためにSEOが必要と言うのは、

「ページをキーワードで最適化して、ページに合ったアドセンス広告を出させるため」

です。


どういうことかといえば、たとえばアドセンス単価が高いことで知られる「クレジットカード」というキーワードで説明します。
クレジットカードのアドセンスサイトでも、

A)ページ内に「クレジットカード」というキーワードが1度しか出てこないサイト(SEO無し)
B)ページ内に「クレジットカード」というキーワードがたくさん出てきて「クレジットカード」のキーワードでSEOされているサイト

があったとします。アクセス数が同じなら、稼げるのはどちらでしょう?





もちろんBのサイトですよね。
そもそもAのサイトでは「クレジットカード」に関するアドセンス広告が出るかどうかさえ疑問です。

つまり、「クレジットカード」というキーワードでSEOされたBのサイトは、検索エンジンからも「クレジットカードに関係するサイトだな」というとが分かります。なので、アドセンス広告も「クレジットカードに関係するアドセンス広告」が出るようになるのです。


ちょっと散文っぽくなってしまいましたが、意味はお分かりいただけたでしょうか?





ナチュラルリンクがSEOには効果的
SEOには多くのサイトからリンクをもらうのが効果的、というのは常識だと思います。

しかし、相互リンクよりもナチュラルリンクの方がSEO効果が高い、というのはご存知でしょうか。


ナチュラルリンク(自然なリンク)とは、相互リンクに対して一方向のリンクのことです。

良い記事を書いていれば、ナチュラルリンクが自然と集まるものですから、ナチュラルリンクの多いサイトは優良なサイトだ、と検索エンジンも判断するわけですね。


ナチュラルリンクを増やす秘訣は、何と言っても
「良い記事を書く」
「良いHP・ブログをつくる」
これに集約されます。


そして何よりも「良いHP」と言うのは、今後どんなに検索エンジンのアルゴリズムが変わっても、常に上位に表示されるはずです。

検索エンジンも「良いサイトが良い順位に」を目指して進化していくはずですから。


2006年12月01日(Fri)▲ページの先頭へ
ネーミングのつけ方:タイトルだけが違うものを2種類用意して反応率を比べる
何をやるにしても「ネーミング」は重要です。

アフィリエイトで言えば、無料レポートやブログ記事のタイトルですね。
売る側からすれば、完全に買う側の視点には立てないもので、タイトルのつけ方もついつい「売る視点」になってしまいます。

では、どうやってタイトルをつければいいのか。

答えは簡単で「買う人(記事なら読む人)に聞けばいい」のです。

まず、記事または無料レポートを用意します。

そして3日おきくらいにタイトルだけを変えて、どちらがクリックされやすいかを見ればいいのです。

もちろん、ブログの記事にアクセス解析をとりつけたり、無料レポートをアクセス解析つきの圧縮リンクで紹介したりしてくださいね。

こうしたテストを何度も繰り返すことにより、徐々に「どんなタイトルがよいのか」が分かっていくのです。

トップクラスのアフィリエイターというのは、こういう地道なことを繰り返しているんですね。

ちなみにこのブログは「私自身が後から見直して分かりやすいように」という視点でタイトルをつけていますので、全く参考にならないと思います。あしからず。




「キーワード+地名」でロングテールを狙う
アフィリエイト初心者は、今後はロングテールを狙うことが重要です。

ロングテールの一つの戦略として「キーワード+地名」という手があります。

これはたとえば「ジャスコ+東京都千代田区」などの非常にニッチなキーワードで上位を狙う方法です。

「こんなので検索されるんかいな」「これで訪れた人が何を買うと言うんだ」というのは二の次、三の次。まずはアクセスを集めてから考えましょう。

アクセスが無ければ何も始まりませんからね。


2006年11月30日(Thu)▲ページの先頭へ
[ノウハウ]メルマガ読者を増やす無料レポートの仕組み
メルマガ読者を増やすために無料レポートを利用している人も多いはず。

「ハウスリストは1件3000円の価値があるらしい」
「よしっ!メルマガ読者を増やそう!」

と言うことで、皆が無料レポートを作ってメルマガ読者を増やそうとしています。


それはいいんですが、そういうあなた自身は他人の無料レポートを読んだときどうしていますか?

届いたメルマガは即解除しちゃってるんじゃないでしょうか?

それでいて、自分のメルマガ読者が増えない、と不平を言う。

なんかおかしくないですか?


無料レポート読者も最近は色々と覚えてきて、無料レポート購読→届いたメルマガ即解除、というパターンが増えてきています。これじゃあ、いくら無料レポートを作ったところで読者は増えません。


じゃあ、どうするか?と言えば、自分がどんなメルマガに登録するか考えてみればいいんですね。

おそらくは、ブログや無料レポートを見て、「おっ、これはスゴイ、この人のメルマガを読んでみたい」と思った人のメルマガを詠み始めるんじゃないでしょうか。

だから、あなたも同じことをすればいいんです。

まずは良いブログ・良い無料レポートを書く。

そして、そのブログや無料レポートの中で、自分のメルマガを宣伝する。

こうしてできた読者は、あなたのメルマガを「読みたい!」と思って登録した「濃い」読者ばかりです。

無料レポートで集めた薄い読者1000人より、濃い読者100人の方が重みは大きいです。

濃い読者集め、頑張ってみては?



[ノウハウ]高い理由を伝えましょう
アフィリエイトをやるなら、高額商品を売って、高額報酬を得たいですよね。

しかし、高いものは売れない・・・ってことは無いんですね。

高くても売れているものは世の中に数多くあります。

真っ赤なスポーツカー、何千万円もするのに欲しい人はたくさんいますよね。

また身近なところでは、ハーゲンダッツのアイスクリームなんかもそうです。


これらが高くても売れる理由は「高い理由」があるからなんですね。

人間がモノを買うときは

買いたい
(欲求)
 ↓
買う理由
値段と財布との相談
(理性)
 ↓
 ↓→→ やっぱり止める
 ↓
買うだけの理由がある
or お買い得!
 ↓
購入

となっています。

なので、値段は高くても、「買う理由」を伝えてやって、「買うだけの理由がある」「価格に見合う価値がある」ことを伝えてあげれば、高額なものでも売れちゃうんですね。

まずは「買う理由」を伝えてみませんか?


   


アフィリエイトノウハウ公開中です。著作権フリーとなっているので、無料レポートやブログの記事にもご自由にお使いください。



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2017年8月
   
23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ
2006年 (16)
11月 (2)
12月 (14)
2007年 (1)
1月 (1)
2009年 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:4
累計:42,777